亜鉛サプリ

亜鉛摂るなら牡蠣サプリに決まり!

亜鉛には、精力増強・滋養強壮をはじめ、育毛やアトピー改善など実に様々な効果があるとされています。そんな素晴らしき効果を持つ亜鉛をたっぷり配合したサプリを紹介します。

 

亜鉛は食べ物から補給することも可能ですが、毎日一定量(10mg程度)を継続的に補給したいのであればサプリが手軽で持ち運びができて便利です。

 

当サイトは、亜鉛が多く含まれるサプリを含有量の比較を元にランキングにまとめています。また、天然から摂るために牡蠣サプリがおすすめです。どうぞ参考にしてください。

 

亜鉛入り牡蠣サプリの比較

商品名

牡蠣のチカラα

海乳EX

牡蠣王

価格 980円 2052円 5800円
亜鉛含有量 16mg 12mg 10mg
プラス成分 マカ・高麗人参 - 醗酵黒にんにく・すっぽん
特典・保証など 限定価格・小冊子 - 全額返金保証
公式サイト http://hoconico.com/ http://pa-re.info/ http://www.yohodo.net/

 

亜鉛サプリランキング!

牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣のチカラαは、牡蠣エキスに加えマカ、高麗人参の栄養も凝縮したサプリメントになります。牡蠣だけじゃなくマカや高麗人参に多く含まれるミネラル・サポニン・アルカロイドなどの有効成分も含まれ、最高の滋養強壮に効果的なサプリメントに仕上がっています。

価格 980円
評価 評価5
備考 亜鉛16mg+マカ・高麗人参など

 

海乳EXの特徴

海乳EXは、購入した人の2人に1人がリピートするとされる実感度・満足度の高いサプリメントです。広島県の海で育った牡蠣を全て人のチカラにより栄養を抽出し、それを徹底された品質管理の元サプリメント化しています。1日たった2粒で牡蠣5個分の亜鉛量を摂取することができ、普段の食事から補給するよりも格段に効率が良いです。

価格 2052円
評価 評価4
備考 亜鉛12mg

 

牡蠣王の特徴

牡蠣王は、年齢に負けたくないと思う方におすすめする牡蠣サプリメントです。瀬戸内海にて収穫される牡蠣の栄養分をギッシリ凝縮しています。さらに、牡蠣の栄養だけじゃなく醗酵黒にんにくやすっぽんエキスなどを配合し、健康・美容への実感度を大幅にアップさせました!

価格 5800円
評価 評価3
備考 亜鉛10mg

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、亜鉛を多く含むしじみや牡蠣などから抽出した肝臓におすすめのサプリメントです。2年もの年月をかけて見つけ出した国産のしじみや牡蠣には私たちの健康に良い栄養がたっぷり含まれています。亜鉛は栄養機能食品として精力・肝機能などにアプローチします。レバリズム-Lは初回980円で購入できます。

価格 980円
評価 評価5
備考 牡蠣・しじみ・スクワレンなど

 

 

亜鉛はサプリからの補給がおすすめ!

 

何十兆個もある人間の細胞の中でも、体内では作れないのに絶対に欠かせない成分があります。その一つが、必須ミネラルに分類されている亜鉛です。

 

筋肉や骨、血液、肝臓、前立腺などを中心にほぼ全身の細胞に存在する亜鉛は、たんぱく質やDNAと合成し、細胞分裂を促す役目を果たしています。視覚を保ったり、性機能の保持、免疫にも関係し、不足すると糖尿病になりかねないインスリンの合成も担当。

 

特に巷では、育毛や男女の妊活のために注目されてきている成分でもあります。そんな亜鉛が、食事からとるよりサプリで摂取するほうがいいといわれるのは何故なのでしょうか?

 

亜鉛の吸収を阻害する食品が多い

 

肉類や魚介類をはじめ、パンや白米、豆類、ナッツ、卵などの身近な食品にも、亜鉛は十分に含まれています。例えば白米なら100gで0.6mg、食パンなら1枚で0.4mgほど、納豆には1パックで0.9mg、牛肉には100gで5.7mgの亜鉛を含有。

 

厚生労働省が推奨する一日の亜鉛摂取目安量は男性が8.9mg、女性が7.3mgですから、いろいろな食品から栄養をとるようにすれば、無理なく十分な亜鉛を摂取することが可能なのです。

 

しかし、現代の食生活は栄養が偏りがち。しかも、クエン酸やビタミンC、動物性たんぱく質は亜鉛の吸収を阻害する性質があります。このため、栄養バランスに注意した食事をとっている人でも、思うようには亜鉛をとれないケースが少なくありません。

 

過剰摂取で副作用がある

 

亜鉛は、過剰に摂取すると吐き気や嘔吐などの副作用が出ることがある成分です。といっても、毎日大量の亜鉛摂取を続けているわけでもなければ副作用の心配はないのですが、健康ブームの昨今はとかく考え方が極端になる人が多いもの。牡蠣に亜鉛が多く含まれるのを知って、季節に毎日牡蠣を大量に食べ続ける人がいても不思議ではありません。

 

そこで便利になってくるのが、サプリです。もちろんサプリでも過剰摂取は禁物ですが、サプリなら適量の摂取が簡単。そのため、過不足なく亜鉛を手軽に生活に取り入れることができるのです。

 

亜鉛の効果

 

亜鉛の栄養効果は、広い範囲にまたがります。また逆に、せっかく亜鉛を摂取したのに他の食品によって亜鉛の吸収が妨害されてしまうものもあります。バランスよく栄養をとることは大切ですが、敢えて亜鉛と相性の悪い食品を多く食べるのはよくありません。

 

必須微量ミネラルとしての亜鉛

 

従来重要とされてきた栄養は、ビタミンやミネラルなどの大枠の中でも体に大量に必要とされるものが注目されてきました。

 

ミネラルにも20種類ほどの数があり、比較的多量に必要とされるのがカルシウムやカリウム、ナトリウム、マグネシウムなどです。

 

一方で、微量ミネラルと呼ばれる鉄分や銅、亜鉛、ヨウ素などは、量はごくわずかでもまかなえるのですが、不足しやすい成分として見直されています。これらの成分を補うことが、より健やかな体調に促すと考えられるようになったのです。

 

亜鉛の作用

 

亜鉛は、皮膚やホルモンの生成に深い関係を持っています。そのため、肌をきれいにしたい人、シミを作りたくない人などは、亜鉛の不足に気をつけたほうがよいでしょう。

 

ホルモンが不足してくると、性欲減退などにも影響してきますが、女性なら美肌づくりも難しくなってしまいます。男性の精子生成にも関わる亜鉛ですが、女性では卵子に亜鉛が多く含まれるため、不足すると不妊症になる可能性が出てきます。

 

亜鉛はアルコールを分解する酵素の働きを司るため、二日酔いの防止はもちろん肝機能の負担を軽減するためにも必要です。あまり知られていないところでは、記憶力に亜鉛が関係しているということがあります。

 

記憶力をコントロールしている脳の海馬には、亜鉛がたくさん存在しています。そのため、亜鉛が現象してくると、記憶力も弱くなってくるといわれます。疲れやすいという人も、亜鉛が足りなくなってきた証拠かもしれません。

 

牡蠣の亜鉛を使用したサプリ厳選3商品

牡蠣のチカラα 海乳EX レバリズム-L

●瀬戸内海牡蠣使用
●1日あたり亜鉛16mg
●30日分980円
商品解説を読む

●広島県産牡蠣使用
●1日あたり亜鉛12mg
●100万袋突破
商品解説を読む

●肝数値が気になる方に
●満足度97%獲得
●初回モニター価格
商品解説を読む

更新履歴